~音楽と自然の力につつまれて~ e.w.Hanaの記録

幸せになりたい!幸せを分かち合いたい!言葉ではうまくコミュニケーションが取れないけれど 音楽はできる青年との暮らしの中で、 目の前に起こる出来事をどのように受け止めるか 自然の力や音楽の力に癒されながら模索していく日々の記録です。

25年間人生を共にしてきたコが、つとめを終えたようです・・

今朝、鏡に映った自分の胸元のネックレスが、何だかいつもと違う気がして

よく見てみると、こんな風になっていました。

       f:id:ewjemmy:20180119111001j:plain

25年前につけ始めたこのネックレスは、途中、絡まったり、

チェーンが切れたりしたことはありましたが、自分の‟身の丈”の原点を

忘れない、という象徴として常につけたままかた時も外さずにいたものです。

 

「はずしていなのに、どうして、片側の輪からチェーンが外れてしまったのかしら、」

とても不思議に思いながら、何年かぶりにはずしてみてみると、

       f:id:ewjemmy:20180119111100j:plain

ヘッドの金具が切れていました。自然消耗?

チェーンではなく、こちら側が切れるなんて、何かのサインのようにも見えました。

 

今日はマヤの暦では、ツォルキン表の4隅にあたる部分にある黒kinの日で、

良くの悪しくもエネルギーの振れ幅が大きいとされる黒kinの日の中でも

特に宇宙とのエネルギーの出入りが大きいとされる日でした。

 

何かを、私の代わりに何かを受け止めてくれたのだと、

直感しました。

 

それが何だったのか、どんな知らせが来るのか、とまでドキドキしていましたが、

この後の私が遭遇したのは、笑顔。

 

ただ、銀行と区役所に行っただけの行動の中に、

偶然そこに所用でいらしていた子供会の会長様が、私を見つけて呼び止めて

くれたり、案内係のおじさんと会話を交わしたり、

駐車場のおじさんまで、今日は‟当たり♡”と感じる親切な対応。

帰りに立ち寄ったスーパーの駐車場が新しいシステムになっていたことも

私には好都合で、その事に対してお礼を言った係りの男性も笑顔。

 

全てがうまく行っている、天はあなたを笑顔で見守っている、と

メッセージが入ってきたような1日を感じることができました。

 

masaも一人で少し留守番しながら譜読みをしてくれました。

 

黒kinという、こういう種の日に、

明るい平和を維持できた、ということが、明日からの明るい材料のように

思えてなりません。感謝です。

 

25年間ずっと私を守ってくれていたネックレスがなくなり、

次に「これを着けて行こう」と思えるネックレスに出会うまで、

どんなことが起こるのだろう。

星回りも、マヤ暦も、たくさんの節目が重なっている今のタイミングが

ネックレスのヘッドを切るほどのエネルギーとなっていることを垣間見た

不思議な体験でした。

 

夕飯クリップ☆彡

         f:id:ewjemmy:20180119202300j:plain

 

 

      

力を抜いてね、

今日はmasaの演奏タイムだったのですが、声の‟種”が発芽してない

午前中を感じていました。

声の‟種”が枯れてるのは、寝不足が要因だと感じていたものの、

確実に気力が反映してしまいます。

 

いつもは、こういう時こそ演奏タイムで思い切り歌わせていただいて

自分を浄化させていただくのですが、

今日は、センターのスタッフさんのご要望で、キーを下げ過ぎて、

全く自分の音域に合わず、不完全燃焼・・・・・。でした。

 

事務連絡でかかってきた電話にさえ、蚊の鳴くような声しかでていなかったことに

誰よりも自分がびっくりしていました。

 

帰り道、洗車をしてもらえるスタンドを探しまわり、

そののち約束していた車屋さんへ立ち寄り、

家に着いた時には、風邪でもひいたかとおもうような、

全身の凝りが。

 

masaは「お茶しようね!」といつも楽しみにしてくれているのですが、

今日は甘いものやお茶を愉しむよりとにかく休みたい、と身体が訴えていました。

 

どこかに力が入っているのだと思います。

そんな、、重労働をした記憶はありませんもの。

 

昨日の夜は、私が例えば20年後に逝去したときのmasaを見てくれる人が

いない・・ということがとても気になって、そのことをずっと考えていたと思います。

その先の生活のことはもとより、

私の生命保険を請求することさえできないでしょう、彼一人では。

いきなり‟死”までいかなくても、

急に私が倒れて意識不明になった時、彼は誰のところに一時避難できるのだろうか。

遠方の父母にさえ、頼れるのもあと10年くらいでしょう。

 

福祉行政の傘下に入れてもらって保護されるしかない、という身の上では

家族の元で一生を暮らすような豊かさを求められないと思うのは

私の偏見でしょうか。

 

状況に迫られての私の場合とは異なるかもしれませんが、

親が、子どもに結婚してもらいたい、と思う気持ちも、同じようなところから

発しているのかもしれません。やっとそんなことが分かるようになりました。

 

きっと私は死んでしまっても、ずっとmasaそばにいて守ることをするので、

大丈夫なんだ、と思うことにしました。masaが死んだ私とコミュニケーションを

とれるようになれたら、きっと寂しくないのよね。

 

なんだか、こんなことを考えているから

身体に力が入ってしまうのね。

 

masaの夢いっぱいはどこに向かって広がっていくのだろう。

彼のいる場所には、心配ではなく、、光を送ることを

忘れずにいたいです。

 

力をぬいてね・・・。と自分に言い聞かせます。

 

 

 

 

 

 

葉酸がスゴイと知ってつくってみた。

今朝もmasaのリードで起こしてもらい(;´∀`)

健やかな朝を迎えることができました。

 

今年のレッスンプランの参考に、弾く曲を並べてみてください

と、先週言われていたことを思い出し、今日のレッスン日直前に

あれこれ、とmasaを呼び出して、聴き比べ、時間を費やしました。

 

でも、こんな動きができるのも、今日が青い嵐の日だったからでしょうか・・

と言っても分かりにくいですね。

マヤ暦の暦では、強いエネルギーが出入りする1日だったようですよ。

 

でも、音に魅せられてmasaが選んだ曲は、

奇しくも『別れ』や『告別』というサブタイトルがついた曲

が並んでいて・・。

次のconcertのテーマが「別れ」になってしまいそうな、

もう・・・・。

まだ何も弾けないのに、もう、弾いた瞬間に

ググッと来そうな曲たち。

 

「ああ、ワルツなら、すぐに見れそうですね~。これなら並行してできるかな」と

持参したワルツ集をめくった先生のお薦めはこのしっとり系とは

全く違う、朗らかな明るい11番でした。ショパン。。。

どちらが今のmasaの心を反映できるのかな。。

 

明日は演奏タイム。

音楽のことに費やせる日中で許される1日をまた深く感謝する今宵です。

これがあたり前の人も大変ですが、これが当たり前であることを

まず手に入れたいという状況のものには、今や喜びであります。

 

夕飯クリップ☆彡

          f:id:ewjemmy:20180117213800j:plain

 葉酸が妊婦さんにも重要だったとも、認知症予防にも重要だったとも今日の「ためしてガッテン」で初めて知りました。急遽、葉酸の宝庫ブロッコリーを(;´∀`)。スティックブロッコリーは、普通のものより、茎が美味しくて、蒸しサラダにしてみかんと和えたら、とっても美味しかったです♪。

 

与えられた時間

 

今日1日は五線譜やピアノに向き合って時間を費やすことを

許されたのだと感じるスタートでした。

 

大人の問題で、打ち合わせ面談に呼び出されればいつでも

行ける心の準備をしていましたから、

ワーキングタイムに入った直後に届いたメール内容が

もう重い話をしに出かけなくても任せればよいのだ、とわかり

ぐ~~~~んと楽になりました。

24時間、あ、そんなにはありませんが、とにかく無いと思っていた時間を約丸1日いただいた感覚でした。

 

目の前に迫っていた来月のピアノ譜準備のために

神様がこの時間を空けてくださったのだとしか思えず、あちこちに

書きかけの五線譜をちらかして、気の多い作業にかかっていました。

 

何だか、幸せ。

自分のすることだけができるって、幸せです。

 

そんな夕刻が過ぎ、公文にお迎えに行ったら

「一日一枚でいい、いいえ、時間が無かったら一問でもいいから

 一緒にやってください」って(笑)先生に言われてしまいました。

私が、これまで日々数十枚単位で15年間masaにつきあってきた事を

承知の先生だから、こんな言い方ができるのです。

今の状況もご存知なので、全く否定的な感情がないことがわかっています。

でも、一緒にやらないと、進まないところだから、敢えてあきらめずに

そう言ってくださる先生に感謝です。

「はい、参加します。」といって、二人で笑っていました。

 

言いたいことを言い合える、妥協もしない、

理解はするけれど、遠慮はしない。愛情が行き交うお付き合いが

もっともっと広がるように、自分を信じて明日の時間も使っていきたいと思います。

        

 

1月のカフェ演奏スタート

ファイルの中にある、こどもたちの姿を切り取った写真を見かける度に、

夢とエネルギーの固まりが、光を放っていることを

自分は全然気づかずに、日々をただ駆け巡っていたようすに

本当に癒されます。

それが知っている子なら、過去を感じ、

知らない子どもたちは、ずっとそのまま。

 

すごいお婆ちゃんになってしまった訳ではないけれど、

‟当たり前”に生きている人々のグループの中にいることが信じられないほどの

孤立感に陥ると、

大人の世界と子どもの世界が混ざって社会ができているその風景が

憧れの世界へと変貌するのだと気づきます。

 

今日は、masaのカフェ演奏の日でした。

1月のメニュー初回を無事に終わった、と思っていると、

オーナー様からもう一回転のリクエストがあり、

そのチェック的眼差しの中でもう一度。緊張したのはきっと私の方でした。

 

そして、思ってもいなかったお心づけをいただき、

masaに対する嬉しい気持ちと、今後へのプレッシャーと、様々を感じながら

帰ってきました。

 

その後は、今日中にまとめる連絡をしていた、

重い重い大人の宿題をまとめ、気づいたら夕方になっていました。

 

この宿題に書き出すことが頭を巡り続けて昨夜は殆ど眠っていなかった頭が、今日は睡眠を欲しています。

それで、きっと無垢な子どもたちの写真にぐっときてしまったのですね。。

 

人として、生まれてきて良かった、

と思える日々を過ごしたい。

そんな日々が当たり前の日々に、再び辿り着きたい。

 

そんな願いを胸に抱きながら、眠りにつきたいと思います。

みなさま、

今日も1日よく頑張りました。

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

    f:id:ewjemmy:20180115204619j:plain


  

 

自分の人生を信じる

一昨日までは出口、昨日からは入り口、という気持ちで

あと少しの事務処理にもう一度向き合う勇気が、今朝はありました。

 

身辺に関する情報の整理のあと、

様々なものの名義変更に必要な手続きや費用などの下調べ。

午後は、役所がクローズの今日できること、と

車の事務処理などを聞くつもりで動きました。

 

ここで半日を費やし、帰宅したあとは、明日のmasaの演奏タイムチェックなど。

 

こんな時間をはさめることも、豊かな事なのだと

あらためて感謝しつつ。

でもそれは、今後そういう時間を失おう、という意味ではなく、

この人との関わりや、音楽や芸術に関係する中で与えられる癒しは

今後の私たちの人生の中にも、存在するものときまっているように感じます。

 

芸術は、人が生きていくための根源的な物。

それに気づかせていただいている今は、無形の大切なものから

見放される、ということはないと信じられる、、。

 

自分らしく、でも自分の脚で立って行くということが大切、と

自覚して歩み始めれば、前に向かえる。

いつも私の笑顔を待っているmasaのためにも、明日も笑顔を思い出そう。

 

支え、思いを寄せ、気持ちを焦してくれる存在に、感謝します。

 

夕飯クリップ☆彡

        f:id:ewjemmy:20180114212900j:plain

特別な誕生日

お昼を回った頃・・marie先生から、こんなかわいいケーキが届きました。

     f:id:ewjemmy:20180113145607j:plain

私が女の子だったことを、思い切り思い出させてくれる、

それはそれは素敵な・・・。

 混ざり気のない天国の色相・・・・。

f:id:ewjemmy:20180113150040j:plain

”とても大切な存在”としてこの世に生まれてきた、その時と

同じエネルギーが今日から回り始めたことを、象徴してくれているような

お花です。

 

その後、郵便受けには、父からの封書、母からのレターパック

そして妹からは御朱印とお守り(;´∀`)。が

仲良く一緒に入っているのを見つけて、(みんなバラバラの所から発送されて、ここで一緒になっている家族の分身たち)

気持って、エネルギーになって、確実に注入されるものなのだと、

あらためて知りました。

感謝いっぱいです。

 

マヤ暦では260日に一度バースデーがやってきますが、暦の上での誕生日と

マヤ暦でのバースデーが同じ日に一致することは、0歳の誕生の瞬間の次には

一生に一度(104歳まで生きれば二回ですが)だけです。

この年、自分が生まれた時と全く同じエネルギーが流れ、最も自分が

本来の自分らしく居やすい1年になるそうです。

言わば、人生再スタートの年。

 

今の私は、まさしく、その再スタートを強制されているかの勢いの中にあるので、

何とドンピシャな流れに沿って私の人生は巡っているのだろうか、と

あらためて、自分が宇宙の流れの中で生かされていることを感じています。

だって、‟生まれてから今日の誕生日までの丁度半分のターニングポイントの年に

選択したことは人生に大きな影響を及ぼす”とされていて、

その年に結婚したのですもの。。26歳は、マヤ暦でいう「絶対反対kin」の年なので

自分と真逆のエネルギーが流れるのだそうです。

この歳に、くるっとひっくり返ってしまった私の人生が、

今日、またもとの状態へとくるっとひっくり返る風を受けました。

 

夜には、相談がてらお鍋をお囲んでくれることを拒まなかったryokoさんが

間違いない味で名高いケーキショップのホールを持って、訪ねてきてくれました。

 

大切な誕生日の大切な時間なのだと意識していても、

不安と焦りに押しつぶされそうになっていることを、きっと無意識に避けようとして

ずっと頭の中がうまく動かず、客人の予定があるというのに、料理をする気力にさえつながらなかった私を

‟良い誕生日だった”と思える1日にしてもらった支えと愛の重なりは

 

記憶に残る、1年の始まりになりました。

私は、愛されている。。

そう思える誕生日に導いてくださった皆様に 深い感謝を覚えます。

ありがとうございました。