~音楽と自然の力につつまれて~ e.w.Hanaの記録

幸せになりたい!幸せを分かち合いたい!言葉ではうまくコミュニケーションが取れないけれど 音楽はできる青年との暮らしの中で、 目の前に起こる出来事をどのように受け止めるか 自然の力や音楽の力に癒されながら模索していく日々の記録です。

自然からエールをいただいています

この頃本当に野放し状態の庭ですが、四季咲きのブリティッシュローズは2度目の満開を迎えています。薔薇が満開になると、風が強い日が多くなる、というのは年間を通して共通しています。「耐えるのよ!」「きれいに咲いてくれてありがとうね」と

声をかけながら、ふとお豆たちのツルを見上げると、

サヤがいくつかついていました!

今年はお花が観られればいいか、、と実りは半ばあきらめていたので、

こんなにできていてとっても嬉しかったです。

          f:id:ewjemmy:20170818124119j:plain

トマトたちも、その名の通り、”けっさく”の出来栄え。

これ、実があつくて、プチッとはじけてしまうようなミニトマトとは別格なのです。

サヤいんげんが大きいので小さく見えていますが、

ミディトマトとプチトマトの中間くらいのサイズです。

採れ初めの頃よりも甘味も乗って来て居る気がします。

 

1日中編み玉や作品への仕上げ作業をしていましたが、

こうして自然の恵みが手を伸ばせばある環境に感謝です。

 

夜の公文の先生からは、お裾分けの沖縄マンゴーをいただきました。        

           f:id:ewjemmy:20170818221900j:plain

これも、丁度よい熟れ具合で、新鮮そう。すぐに切って夕食に並べる勢いで

帰ってきましたが、やはり、仏様が先でしょう?とどこからともなく聞こえてきて、

今日はお供えです(*^。^*)。

 

夜には思いがけない電話がはいり、楽しく会話はできたのですが、

その分作業予定が明日にずれこんでしまったので、

発送まで少しタイトな緊張感です。。。

80番糸で編んだ作品は繊細なので、箱の中でどのように固定するか・・

試行錯誤のラッピングになりそう。土曜日発送に間に合いますように。。。

 

夕飯クリップ☆彡               

         f:id:ewjemmy:20170818222806j:plain

        作業に没頭して、昼食を出していないことに気づかなかったmasa

          6時にお昼(お夕?)を食べました。なので、夜は軽めに。

すぐに深い眠りにつけるということは

今日は、masaの演奏タイムの午後でした。

寝不足が溜まった朦朧とした状態を皆様に伝播しては申し訳ないので、朝、masaを送って帰宅後、‟お昼寝”ならぬ‟お朝寝”をしました。

一度身支度を整えてのべ2時間の運転と公共乗り物での移動をしてきたとはお思えないスピードで、眠りの深淵におちていく感じは久しぶりでした。

 

眠りといえば、こまごまとした悩みが次々に浮かんできてなかなか眠れない、い、なんていうことが以前は多くあった気がしますが、この頃は起きていられる限界まで瞑想的作業(編み物をそう呼んでいます)をしているせいか、ベッドに身体を預けた瞬時に、

眠りに吸い込まれていきます。その前に、masaと自分に愛のメッセージを一言いうのが精いっぱい。

 

寝入りのイメージは、その考えたことが無条件に潜在意識の中にスーッと入ってくる作用があるから、良いことを考えなさい。とよく言われますが、私のように一瞬で熟睡モードに入って行ってしまっては、せっかくのゴールデンタイム(潜在意識が顕在意識に誘導されやすい)を活用する間もありません(^_^;)。

 

予定していた2時間ジャストで目覚め、リフレッシュが叶いました。

よく眠れることは元気の源♡。

 

心臓が弱っていると、眠りが浅くなるそうです。心臓は精神活動をつかさどる臓器。

心の働きに‟つまり”が生じると、さっと言葉が出てこない、とか話しながら噛んでしまうという症状も出てくるのだそうです。

私の母を含め高齢者の多くが経験しているこの症状は、”心臓(心の働きを司る)”が弱っているサインなのだと聞くと、なるほど・・と思います。

 

ちなみに、心(臓)に溜まったもやもやストレスを追い出す方法に、

腎臓をマッサージするというのがあるそうですよ。

腎臓は背中の方の肋骨の下の方にあるので、背中の露骨にそって掌でマッサージすると、腎臓経由で心臓を元気にすることができるのだとか。

 

肩を大きく壊して以来、2,3年通っている整骨院で、いつもきまって背中のもみほぐしをしてくれるのです。もしかすると、これが私を‟即睡”体質に変えてくれていたのかもしれません。

 

 

ちなみにその、肩を壊す、という大事に至る前までの5,6年は、肝臓をしっかり傷めつけていた自覚がありました。冒頭に挙げていた‟よく眠れない”時期を過ごしていたのもこの頃です。寝不足とストレスで‟肝”のつまりを重篤化していたのだと思います。

 

‟肝”が筋肉の円滑な運動機能を支えている、と知っている人はどれほどいるでしょう。

私が不用意な動きを重ねた結果としてかなり重症な肩断裂になってしまった原因はこのあたりにあったのだと、今になって繋がります。

手足のしびれ、けいれん、筋違いを起こしやすかったり、

爪、髪、皮膚に現れる病変も肝臓に関係していることが多いそうです。

 

心臓を助けてくれているのがこの肝臓ですから、肝臓の出しているサインをそのままにしていると、心臓が弱ってくる、という構図なのですね。

その”肝”を整えるのが、呼吸。

なめらかな深い呼吸が、肝に溜まったストレスや沈殿物をそぎおとしてくれる。

 

肝につまりが生じると、心の伸びやかさが失われる、それを解消するために

深い呼吸を心がける。➡肝のつまりがとれる。➡心が元気を取り戻す。➡よく眠れる。

今はよく眠れる自分、

この経路を逆にたどっていくと、‟肝”がきれいになってきたということかしら。

 

何はともあれ、様々な知恵を与えてもらえる今にいることに、感謝です。

 

夕飯クリップ☆彡

         

         f:id:ewjemmy:20170817212800j:plain

80番の黒糸で

かぎ針でレースを編んでいる方にはお分かりになると思いますが、

黒い糸だけは、他の色の糸と違い、格段に編みにくくなります。

編み目が見えなくなってしまうのです。

いたずらに編みにくいこの色を、敢えて自ら編むこともないだろうと、

黒いレース糸は30番手より細い糸は持っていませんでした。

 

でも先日編んでいた黒玉のピアスに似たデザインで

お嬢様のバースデープレゼントに、とお聞きしているものに、

どうしても、編み玉の上に繊細な小花を一つ通したくなりました。

 

その必要としている小花を編むためには、30番では太すぎるのです。

40番でも多分太いでしょう。

80番というこの細さは、ミシン糸で言うと絹糸くらい。日本では殆どタディングレース用として売られています。この糸の‟黒”をかぎ針で編む、なんて、手芸店の店員さんでも唸るけれど、

とうとうこれしかない、と手に取りました。

 

どこかに、お誕生日の特別感を盛り込みたくて・・。

黒ですから、複雑に編んでも花びらが見えにくく、1センチというサイズの中でどのようにすれば小花らしく成立するか、、なんて試作を繰り返していました。

他の色のようにお花らしく可愛くならない・・。

 

いつの間にか、自分からの贈り物のような気持ちになっています。

 

お待たせしている他のご注文のことを考えたら、そこまでしなくていいのに、

と言われてしまうような事かもしれません。

でもね、形の残る物の中に、自分の手を加えさせてもらっていることを

感謝と感じるのです。だから、自由度を持たせていただいているものには

出来る範囲で精いっぱいお応えしたい。

 

・・ということで、小花は4種の試作を経て、決まり、後は仕上げを残すのみとなりました。

明日はmasaの演奏タイム。そのあと敬老会の演奏打ち合わせもあるようです。

 

声がカスカスにならないように、早く寝ましょう。

今日もありがとうございました。

夕飯クリップ☆彡

              f:id:ewjemmy:20170816212700j:plain

      まだ肩ロースが残っていたので、すき焼風の味付けの中に、葉物ではなく

        だいこんときくらげを入れてみました。お肉の味が行き渡り、

         おいしい大根になりました♪

お父さん力発揮!

かつて、masaが小中学生だった頃お世話になった仲間とその子どもたち。

今年も東京から帰省したakari親子を交えてバーベキューに行きました。

 

こどもたちは公園の遊具で思い切り遊びつくし、小さくて時々お姉ちゃん達についていけなくなるR君はmasaにボール遊びをせがんでくれまし

 

た。     f:id:ewjemmy:20170815143000j:plain

まだ、2回に一回くらいしか前に投げられないというR君。

           f:id:ewjemmy:20170815142728j:plain

いろいろな方角へ飛んでいくボールに対応するのに、masaはちょうど良い遊び相手になっていて、微笑ましくて・・・。

     f:id:ewjemmy:20170815142801j:plain

遊具に昇って縄梯子やアーチをくぐって長い滑り台を降りる、という行程を 

繰り返し繰り返し行くR君の後をまるでお父さんのように、いっしょについて参加してくれるmasaは、下でただ見守る大人たちよりずっと楽しい相手だったみたいです。

 

 まるで‟お父さん”のmasaを眺めて、私もとても幸せでした!

     

    f:id:ewjemmy:20170815142850j:plain

このサイズのR君をみるのは、今年で最後ね。

数年後には貴重な写真になることでしょう。

 

太陽に約6時間あたって、思い切り身体を動かした1日、

戸外でこんなに長時間遊べたのも、子どもたちのお蔭です。

バーベキュー後のコーヒーを沸かすところまで、しっかりゆったりと

遊んで、帰りはもう足がつっていました(;'∀')。

 

また来年、会えるといいね。

 

夕飯クリップ☆彡

       

     f:id:ewjemmy:20170815215210j:plain

     子どもたちは食べるより遊ぶのに夢中で、焼きそばにまでたどり着けず、

          我が家の夕飯になりました(*^。^*)。

 

 

 

実は毎日かなりの時間編み作業を続けています。

一昨日から、ひたすら黒いニットボールを量産し続けていました。

黒玉を一列に長く配したピアスのご依頼があったからなのですが、

ビーズ玉のような真ん丸で同サイズを編み玉で整えるには、

中に入れる詰め物の重さをはかり、詰め方が偏らないようにと

かなり気を遣うので、並べて遜色がない10個のボールを作るのに、

30個くらいの編み玉を作りました。

 

黒と言う色は、エネルギーを吸い込んでいく、と編みながらいつも思います。

今回も、途中、酸素供給がてら、ぶどう色周辺の紫3色で12個くらい編みながら、

作業していました。

そして、今朝はいよいよ、金具を通して、つなぐだけ、というつもりだったのですが、

糸でつなぐというのではなく、今回のご要望は金具を通してつなぐデザインのため、

綿詰めしたニットボールに9ピンというピンを指して、差した先をペンチで曲げていくのです。

 

ここで、一抹の不安が現実となりました。

それほど太いピンではないにせよ、ピンの先ペンチで円くする時にどうしても

編み玉を持って力を入れるので、編み玉の形状がいびつに歪んでしまうのです。

これを3個つなげてみて、5こすべてを歪みなく通すのは無理、と判断。

 

あまり使いたくなかったスチロールビーズを編み玉の芯として、綿の代わりに

詰める作戦に切りかえました。新しい編み玉を編みながらやっていく方がずっと早いのは

承知ですが、この、30個の編み玉に使った糸を無駄にするのは忍びなく、

一つ一つをほどき、中の詰め物を換える作業を始めました。

前述のとおり、黒糸は編み目が見えにくいのですが

編み終わりを針で始末してしまったものは、当然全く糸端が見えません。

 

これを千枚通しで糸端を探りながらほどく作業は、気が遠くなるくらい時間がかかりました。

結局、まだ6個の編み玉しか中身替えがかんりょうせず。

 

作業予定時間が2日以上オーバーしてしまっています。

寝不足が続いていて、体調が少し危うくなっているので、早く寝ないとね。

 

明日は良いお天気のようです。

 

夕飯クリップ☆彡

       f:id:ewjemmy:20170814221506j:plain

時の流れが変わったかの如く

時計が止まりました。。。

比喩的な表現ではなく、物理的に。リビングのメイン時計が止まっていました。

一時間に一度くらいは視界に入れている時計が無いととても不便で、

さっそく電池を買いに行きました。

 

ボタン電池ながら、ちょっとサイズが大きいので、あるかな・・?と

思いながら徒歩で出向いた近所のスーパーでは事足りませんでした。

 

前回、電池を替えた時のかすかな記憶をたどって、

電気店まで行くことになったことを思い出し、不便は不便だけれど、

ボタン電池一個のために、車を出して街中の電気店まで行く気にもなれず、

このコをすぐに復活させるのは諦めることにしました。

 

 

止まった時計を眺めながら、

これまでの古い時の流れが変わって、新しい時の流れになったのだというサイン

とも受け取れる、と気づきました。

時計が指している時刻からみると、日曜日の未明午前3時過ぎに止まったことがわかります。

        f:id:ewjemmy:20170814015400j:plain

8日の部分月食の満月を経てライオンズゲートが開き、大きな変化のエネルギーが動いたであろう5日間が過ぎて、そのライオンズゲートが締まったのが土曜日。

その‟閉門”の瞬間から、宇宙の時の流れ方も変わったのかもしれません。

 

今日の私の周囲では、まるで新しい水が注ぎこまれるように

様々な場所から様々な連絡や物が届きました。届いた、というより押し寄せた、と言う感じです。貰うだけの知らせはなく、どれも自分が次に動くことに関する依頼や連絡。

なので、それら連絡事項の‟交通整理”のためだけに、夜の1時間あまりを費やしてしまうくらい。(どれも感謝すべき投げかけであることは言うまでもありません。)

 

・・・珍しい1日でした。

 

私に限らず今日はちょっと違う引力のようなものが発生していたのではないかと感じるニュースが重なっていました。水難死亡事故が全国で8人もあったとか。。。

アメリカでは白人至上主義のデモ衝突で非常事態宣言が出たり、

航空機の主翼下の車輪格納スペースを通るダクトが破損していた(!!)ために機内気圧が下がり酸素マスクを出す事態になっていたり。

”お盆”ですから、ご先祖様もいらっしゃっていて、少々込み合っているこの世界、

あれこれ起きやすい時期ではあるのかもしれません。

 

1日1日の身の平和こそが奇跡であると、感じる時代になったとはいえ、

このような形で感じなくても良いのだけれど・・と呟いてしまいました。

 

時計のない白い壁が私を見下ろしています。

 

 

夕飯クリップ☆彡

             

        f:id:ewjemmy:20170813213730j:plain

 

 

 

 

‟目を見つめて一緒に笑い、一緒に泣く気持ちがないなら 他人の話を聞かないで”

夕方、いつもの時間にプールへ向かう車道は、元旦に次ぐ空き具合で、

「ああ、ホントにみんなお盆休みなのね」と実感しました。

こどもの頃は、いつも皆が大移動する時期に、その波の中で一緒に

移動する側にいたので、大人になってからは、こうして皆があちこちへ行ってしまったあとの閑散とした道路を見るのが一番なごみ、時節に浸れる気がします。 

 

これでお墓が行けるような近くにあったら言うことないのですけれど。。

 

日航ジャンボ機墜落の慰霊登山のニュースを見ながら、やはりあの歌が頭をよぎり、

永六輔さんのことを思い出しました。彼は年間4万通ものハガキを書いていたそうです。1日100通以上の計算です。恐るべし言葉の泉。

その彼の言葉の一つに、大きく頷きます。

 ”目を見つめて一緒に笑い、一緒に泣く気持ちがないなら

                  他人の話を聞かないで。

この言葉を聞いて自分が否定されている気がする人と

自分が守られている気がする人に別れるのでしょう。

 

私は、自分の前に立ちはだかって守ってくれるお兄ちゃんを得たように感じました。

‟共感”という言葉のずっとずっと手前で、尊厳を無くして当たり前という

コミュニケーションを与えられてきた記憶が、おイモのツルのようによみがえり、

過去から現在に及ぶ心の傷を露呈したからでしょう。

 

逆に、この言葉にあまり‟はっ!”としない人は、心を寄せ合える交わりが、

空気のように自分の周りに当たり前にあるということです。

この幸せの存在を意識することも無く生きている人の人生は

何が起こってもしなやかに立ち向かう勇気と信頼が蓄積されていて

1日1日が色濃く印象的に色づけされていくでしょう。

 

だから、せめて自分はこの幸せをシェアできる人になりたいと思います。

 

夕飯クリップ☆彡

        f:id:ewjemmy:20170812210000j:plain